大阪府立夕陽丘高校音楽科を経て、東京藝術大学卒業。同大学院修了。
ロームミュージックファンデーション、野村財団奨学生としてミュンヘン音楽大学院、ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科卒業。
声楽を橋本俊詔、山本佳人、三林輝夫、竹村靖子、大森地塩、ヨーゼフ・ロイブル,ドイツリートを小林道夫、白井光子、ヘルムート・ドイチュ、チャールズ・スペンサー、オラトリオをロマン・エミリウス、ゲルト・テュルク、畑儀文の各氏に師事。

第51回全国学生音楽コンクール全国大会第1位
第13回日仏声楽コンクール第3位
第77回日本音楽コンクール入選、岩谷賞(聴衆賞)
第24回摂津音楽祭銅賞
第14回松方音楽賞
第81回日本音楽コンクール第3位・岩谷賞受賞
第83回日本音楽コンクール第3位

2015年にはシューベルト三大歌曲集をピアニストの児嶋一江氏とマグノリアホールで演奏した。

2013年にはザ・フェニックスホール・エヴォリューションシリーズにおいて、「詩人の恋」を中心としたシューマンとハイネの作品でリサイタルを開催(ピアノ・小林道夫)

2011年1月の大阪・東京でのリサイタル・シューベルト「冬の旅」(ピアノ・小林道夫)は各方面で絶賛され成功を収める。

これまでドイツ、日本各地でのリサイタル、
ミュンヘン放送管弦楽団、ノイエホフカペレミュンヘン、新日本フィルハーモニー交響楽団、
日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、
関西フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団、大阪交響楽団、
芸大フィルハーモニア、横浜シンフォニエッタ、テレマン室内管弦楽団、
カレッジオペラハウス管弦楽団、ニューフィルハーモニー千葉等のオーケストラとの共演をはじめ、
NHK名曲リサイタル、リサイタルノヴァ、湯布院音楽祭、清里音楽祭、
芦ノ湖音楽祭、ルールトリエンナーレ、シュトゥットガルト・バッハアカデミー、
シューベルティアーデたんば、大阪国際フェスティバル「ランスの旅」(指揮・アルベルト・ゼッダ)、
PMF音楽祭(マーラー「さすらう若人の歌」指揮・準・メルクル)に出演する。
2008年のサイトウキネンフェスティヴァルにおいて、ヤナーチェクのオペラ「利口な女狐」(指揮・小澤征爾、演出・ロラン・ペリー)にパーセク役で出演した(NHKエンタープライズよりDVD発売)。

関西二期会公演において2005年にレハール「メリー・ウイドウ」(指揮・阪哲郎、演出・山田和也)ダニロ役でデビュー。ベートーヴェン「フィデリオ」(指揮・飯守泰次郎、演出・栗山昌良)ヤキーノ役、モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」(指揮・園田隆一郎、演出・粟国淳)ドン・オッターヴィオ役、「コジ・ファン・トゥッテ」(指揮・園田隆一郎、演出・松本重孝)フェランド役、「ウィンザーの陽気な女房たち」フェントン役で出演。堺シティオペラ「黄金の国」、兵庫県立芸術文化センター「藤戸」千鳥等、邦人舞台作品にも出演。「魔笛」タミーノ、「愛の妙薬」ネモリーノ、「ランメルモールのルチア」エドガルド、「カルメン」ホセ、「ラボエーム」ロドルフォ、「ナクソス島のアリアドネ」舞踏教師等、定期的にオペラ公演に出演する。

ミュンヘン・プリンツレゲンテン劇場において、ラインハルト・カイザーのオペラ「フレデグンダ」ヘルメネギルト(NaxosよりCD発売)、プッチーニ「ジャンニ・スキッキ」ゲラルド(指揮・ウルフ・シルマー)、エトヴシュ「ラダメス」劇場監督等で出演。

小澤征爾、準メルクル、インゴ・メッツマッハ―、大植英次、山田和樹、園田隆一郎、角田鋼亮、藤岡幸夫、飯守泰次郎、寺岡清高、飯森範親、山下一史、十束尚弘、阪哲朗、大勝秀也他、国際的な指揮者と共演し、バッハ「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」エヴァンゲリスト「カンタータ」「ロ短調ミサ」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」「四季」「ミサ」、モーツァルト「レクイエム」「ハ短調ミサ」「戴冠ミサ」、「メサイア」、ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」「第9交響曲」、メンデルスゾーン「讃歌」「パウルス」、ロッシーニ「小荘厳ミサ」、グノー「チェチーリアミサ」、シューマン「楽園とぺリ」、ヴェルディ「レクイエム」、プッチーニ「グローリアミサ」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、A.ツィンマーマン「私は改めて太陽のもとに行われる」(新日本フィル定期演奏会・日本初演)等、国内外で多くのオラトリオの公演に携わる。

京都大学ハイマート合唱団、大阪大学混声合唱団のトレーナー。一万人の第9合唱指導者。桃山ムーンコール指揮者。大阪国際音楽コンクール、東京国際声楽コンクール、いかるがコンクール審査員。同志社女子大学、相愛大学、大阪音楽大学、大阪府立夕陽丘高校音楽科、各非常勤講師。日本演奏連盟、東京二期会会員。